季刊誌「プレジデントFamily」公認サイト:学校情報や進学情報を始め、教育や子育てに関するさまざまなコンテンツを配信中!

企業の教育支援活動

企業が行っている「教育支援活動」を紹介!

トライサイエンス(日本アイ・ビー・エム株式会社)

いつでも、どこからでも訪問できるインターネット上の科学館

トライサイエンス(TryScience:Web科学博物館)は、IBMとニューヨーク・ホール・オブ・サイエンス(NYHOS)、科学技術センター協会(ASTC)が共同で提供している世界初のオンライン科学館です。

このオンライン科学館へは、いつでも、どこからでも訪問することができ、それぞれの科学館の優れた科学実験や展示を見学する、リアルタイムのWebカメラ映像や最新の科学ニュースなどを見ることなどにより科学の楽しさを体験することができます。
トライサイエンスHP:http://www.tryscience.org/jp/

MOVIE

日本IBM(株)

企業情報

日本アイ・ビー・エム株式会社

  • 本社所在地:〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町十九番二十一号
  • 電話:03-6667-1111(IBMグループ番号案内)
  • ホームページ:http://www.ibm.com/jp/ja/


IBMのCSR活動の展開

IBMでは企業市民およびCSRの活動を社全体にわたって取り組んでいます。環境への取り組みをはじめ、職場の安全衛生、お取引先とのかかわりなどにおいて、さし迫った課題の解決に向け、広範なイノベーションの資源と専門知識を活用しています。

IBMはグローバルに統合された企業(GIE)への変革を進めていますが、その一環としてCorporate ServiceCorpsなど新たなプログラムもスタートしました。また、2008年に新たなビジョンとして「A Smarter Planet」を発表しました。

これは世界のさまざまな問題を解決し、より「スマート」な地球に向けて貢献していくというビジョンです。その実現に向けて具体的な活動が進められています。

日本IBMのCSR活動には、

  1. インテグリティー、リスク・マネジメント、情報セキュリティーに関する取り組みなど、企業経営の基盤であって、信頼を高めるための活動
  2. 働きやすい職場づくり、リソースを活用した社会貢献、お客様の環境問題解決への貢献など、企業としての魅力を高め、また本業を通して社会の課題解決に貢献し、社会に対して新たな価値をもたらす活動

があります。

今後とも1の活動をたゆみなく継続するとともに、2の活動に積極的に取り組んでいきます。
詳しくはIBMのホームページよりご覧下さい。
http://www-06.ibm.com/jp/ibm/responsibility/

「地域社会への貢献は、IBMの誇る伝統の一つです。」

1911年の創業当時から、IBMは「良き企業市民」として「社会への貢献を行う」ことを大切な企業使命としてとらえてきました。

日本でもグローバルと連携しながら、社会の各分野が抱える課題に対し、「革新的な解決価値あるイノベーション」を実現するために、IBMの技術、ノウハウ、社員のスキルを提供し、社会と多くの協力者の皆さんとともにコラボレーションしながら社会貢献活動に取り組んでいます。

トライサイエンスの他にも…

Powerup環境授業

環境に配慮した社会の構築には、次世代を担う子どもたちへの教育が重要だという認識の下、日本IBMは、子どもたちの環境への意識付けと関心を高めることを目的に、パワー・アップ3Dゲームを取り入れた環境教育授業を提供しています。パワー・アップは環境をテーマにした3Dインターネット・ゲームで、子どもたちは仮想世界の環境問題に取り組み、その解決を図ることを通じ、環境問題やそのテクノロジーを学んでいきます。
http://www-06.ibm.com/jp/company/society/educ/powerup.html

 

リーディング・コンパニオン英語授業

革新的な音声認識テクノロジーを利用して、子どもや大人の英語能力の獲得や向上を支援する、IBMが提供しているWebベースの英語教育プログラムです。英語の学習意欲を高め、キャリアについての理解を深めることを目的として、NPO法人 企業教育研究会とともにリーディング・コンパニオンを取り入れた英語授業コンテンツを開発しました。そして実際に千葉や横浜の中学生を対象に合計3クラスで授業を実施するなど、学校現場での展開を開始しています。
http://www-06.ibm.com/ibm/jp/company/society/educ/reading_companion.html

早稲田アカデミー