大妻中野中学校高等学校

Otsuma Nakano Junior & Senior High School


『大妻中野中学校高等学校』は、世界を視野に活躍できる女性を育成するため、数々の国際的な教育を実践してきました。その結果、2015年には、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図る学校=「SGH(スーパーグローバルハイスクール)」のアソシエイト校に、文部科学省から認定されています。
帰国生の受け入れは2002年からスタート。15年目となる今年度は、世界各国・地域から135名、全校生徒の約1割が帰国生となっており、帰国生が国内生と違和感なく切磋琢磨し、絆を深められるようなグローバルな学内環境になっています。また、「グローバルリーダーズコース」では、年3回の「海外帰国生入試」「グローバル入試(海外在留経験はあるが、帰国生入試受験資格を持たない生徒などを対象)」を実施。同コースでは海外大学進学も視野に入れたカリキュラム設定でハイレベルな内容を学び進めることができます。
そのほか、全教室に電子黒板を設置し、生徒一人につき一台のタブレット端末を使用するという最新鋭のICT環境を完備。国内外の多種多様な教育機関・企業との連携による彩り豊かな教育なども実施しています。


〒164-0002
東京都中野区上高田2-3-7
TEL:03-3389-7211

164-0002
2-3-7 Kamitakada,Nakano-ku,Tokyo
+81-3-3389-7211


プロフィール

A・Sさん

A・Sさん(13歳)

タイ・バンコク4歳〜11歳までインターナショナルスクール通学

将来の夢

世界を飛び回る外交官になりたい


杉原千畝さんのような外交官になりたいです。彼が、第二次世界大戦下、リトアニアに避難した6000人のユダヤ難民に、日本通過のヴィザを発給し命を救ったことを知って、憧れるようになりました。
夢に近づくために、検定を受けたり、単語を覚えたり、英語力を高めるよう努力しています。

学校の魅力

品格を身につけられる


大妻中野には、品格や礼儀を学べる礼法の時間があります。世界に出たときに日本人として恥ずかしくないよう、しっかり学びたいです。思いやりとグローバル力のある女性を目指しています。

^