季刊誌「プレジデントFamily」公認サイト:学校情報や進学情報を始め、教育や子育てに関するさまざまなコンテンツを配信中!

教育業界トップランナーインタビュー:
英進館(株)代表取締役社長 筒井俊英

「灘高合格者数日本一」を始め、難関校に群を抜く合格実績を誇る小中高生対象の学習塾、英進館。PresidentFamilyClubでは教育トップランナーインタビューとして、そんな英進館の代表取締役社長である 筒井俊英氏に注目の英進館について詳しくお話を伺いました!

インタービュームービー

 

教育業界に入ったきっかけ 保護者の方へアドバイス 他塾との違い① 道徳教育 他塾との違い② 英進館の強み 筒井社長のこだわり 英進館のこれから
プロフィール


eishinkan
筒井 俊英(つつい としひで)
英進館 株式会社 代表取締役社長

昭和44年6月生まれ

昭和63年
久留米大学附設高校卒業
平成4年
東京大学工学部卒業 英進館株式会社入社
平成7年
取締役社長室就任 九州大学医学部入学
平成13年3月
九州大学医学部を首席で卒業
平成13年4月
九州大学医学部第一内科入局
九州大学付属病院に内科医師として勤務。
平成14年
英進館に復帰
平成16年11月
代表取締役に就任 社長業の傍ら、現在も小・中・高生の授業を受け持つ
英進館について


ラ・サール合格者数9年連続日本一」が示す卓越した指導力をもとに、「自立した社会人の育成」を 目指した教育を行っています。「個への対応」を合い言葉に、生徒一人ひとりの志望校合格・学力伸長に、教師全員、全力で取り組んでいます。
英進館の教育理念は「自立した社会人の育成」です。わたしたち英進館は、教育とは社会的・経済的・精神的に自立した社会人となるための基礎固めだと考えています。そのためには、通常の教科指導・受験指導はもちろん、社会に出てからも必要な「しつけ」や「あいさつ」、それから困難・スランプに遭遇しても逃げ出さない「強靭な精神」、「学ぶ姿勢」を身につけさせることが重要だと考え、代表の筒井自らも教壇に立ち指導に当たっています。
また、低学年を対象に、「算数脳を鍛える【アルゴクラブ】」、「読書の習慣を養う速聴講座【わくわく文庫】」、「科学的好奇心を刺激する【理科実験授業】」など、お子様の個性・志向を育む幅広い講座をご用意しています。
英進館HP:http://www.eishinkan.net/

早稲田アカデミー