季刊誌「プレジデントFamily」公認サイト:学校情報や進学情報を始め、教育や子育てに関するさまざまなコンテンツを配信中!

クラーク記念国際高等学校

国際教育の先駆者、クラーク博士の志を受け継ぎ、校長は80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏

クラーク記念国際高等学校国際教育の先駆者で「Boys Be Ambitious」の言葉で知られるクラーク博士の志を受け継ぐ世界で唯一の高校。2013年5月に80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が1992年の開校以来、校長を務めています。「夢・挑戦・達成」の教育理念のもとグローバルに活躍できる人材育成を目指しています。(写真はエベレストから帰国した三浦校長を羽田空港で出迎えたクラーク生達)

PresidentFamilyClubでは三浦校長に、「クラークで変化する生徒」、「今の教育が忘れてしまっているもの」「『英語ができる=グローバル』ではない」といったテーマでお話をうかがいました。
インタビュー記事はコチラからご覧ください。

1992年開校。日本最大であり「毎日通う」通信制高校です。

クラーク記念国際高等学校は1992年に開校し、2012年に20周年を迎えました。クラークは「通信制」ですが、毎日通う「全日型教育」を主としており、制服を着用し、毎日通学して授業を受けます。もちろん行事や部活、課外活動も充実。その意味でクラークでのキャンパスライフは全日制高等学校と同様、と言えます。 クラーク記念国際高等学校クラークのキャンパスは全国で展開されており、生徒数は11000人以上。日本最大規模の高校です。もちろんクラークは学校教育法第一条に定められた高等学校ですので、その卒業資格は全日制高等学校と同等です。

一人ひとりのニーズに応えるクラークの「全日型教育」

この通信制における「全日型教育」というユニークな教育形態の大きなメリットが、柔軟なカリキュラム設定が可能である、ということです。例えば、週20時間の英語の授業がある「インターナショナルコース」も通信制だからこそ。興味のあることをとことん学べる、生徒のニーズに合わせたカリキュラム設定が可能なのです。

日本人教員常駐でフルサポート! 確実に英語が身につくオーストラリア留学

クラーク記念国際高等学校「生徒のニーズに合った柔軟なカリキュラムを組むことができる」というメリットを生かして、大きな成果をあげているのが国際教育です。 クラークでは原則、希望者は全員クラーク高校・オーストラリアキャンパス(ブリスベン近郊の町、スプリングフィールド・ケアンズ)に留学することが可能です。現地は治安面・文化面にとても優れており、また経験豊富なクラークの日本人教員が常駐して、授業内容からホストファミリーとのやりとりなど全てにおいてサポートするので、最初は英語力に自信がなくても安心して参加できます。

レベル別授業やアクティビティ、独自開発の留学プログラム

クラーク記念国際高等学校また授業は1クラス18人以下の少人数・レベル別のクラス編成のため、自分に合ったレベルで学ぶことができます。上級者はプレゼンテーションスキルのアップなど、「英語学ぶこと」から「英語学ぶこと」へとステップアップし、一歩進んだ英語力を身に付けられます。更にクラークの留学プログラムには毎週アクティビティが組みこまれており、様々な文化体験などを通して豊かな交際感覚を養うことができます。 新たにスタートしたケアンズ短期留学プログラムでは、「英語を学ぶきっかけづくり」がテーマ。例え英語が苦手でもダンスやアートなど自分の興味があることをきっかけに英語を学ぶモチベーションアップへとつなげていける様々な体験型プログラムが充実しています。

TOEIC970点取得も! 大学進学でも優れた実績を残しています。

15年以上の実績・ノウハウを結集した、このクラーク独自の留学プログラム。参加者の満足率は97%、TOEICは平均170点の伸びを達成しています。またTOEIC970点を獲得してオーストラリアの名門・クィーンズランド大学や、早稲田大学、上智大学合格など、優れた進学実績も残しています。 クラーク記念国際高等学校 <主な進学実績> 東北大学、東京外国語大学、早稲田大学、上智大学、ICU、津田塾大学、立教大学、青山学院大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、中央大学、獨協大学、南山大学、成城大学、日本女子大学、University of Queensland(オーストラリア)、Monash University (オーストラリア)、復旦大学(中国)、他。

選べる留学期間・渡航回数、そして長期留学しても3年で卒業可能。

また渡航時期も年10回以上。留学期間も3週間から最長28カ月まで選ぶことができます。全日制高校では長期留学した場合、帰国後、留学前の在籍学年に戻らなければならないというケースもありますが、クラークでは現地での課題提出と一時帰国の際にスクーリングや定期考査を受けることで長期留学した生徒でも3年間で高校を卒業することが可能です。これは通信制で学ぶ、クラークならではのメリットと言えます。 » クラークの留学プログラム詳細はこちらから

英検1級合格も! 厳選されたネイティブの指導で、国内での英語学習も充実。

もちろん日本国内での英語・国際教育も大変充実しています。クラークのネイティブ教師は採用率2%の狭き門を突破したプロ中のプロ。ネイティブからの徹底指導で英検1級合格者・TOEIC満点取得者も輩出しています。

政府最高評価を受けた海外系列大学のメソッドで、週20コマ英語を学び「使える英語」を習得! 新コースも2014年開講!

クラーク記念国際高等学校クラークではニュージーランド政府から最高評価を受けた系列大学、国際大学 IPU NewZealandの英語教育メソッドを導入し、徹底的に英語を学ぶことができる「国際系コース」も設置しています。(※東京キャンパス・横浜キャンパス・千葉キャンパス・さいたまキャンパス・名古屋キャンパス、大阪梅田キャンパス、仙台キャンパス) このコースで実践されているのは従来の説明と暗記中心の教育法とは全く異なる、生徒の「好奇心」を育てる画期的なメソッド。週最大14コマの英語授業で日本にいながら実践的な英語力を身に付けることができます。 更に東京キャンパス、大阪梅田キャンパスには「インターナショナルコース」を展開。このコースでは一般的な高校の3倍である、週20コマ、徹底的に英語を学ぶことができます。担任もネイティブ教師が務めるので、まるでインターナショナルスクールのよう。無学年・レベル別でライティング・リーディングといったベーシックからディスカッション、異文化コミュニケーションなどまで多角的に学ぶことができ、TOEIC対策に特化した講座も授業内で設けています。ビギナーから帰国子女まであらゆるレベルの生徒の英語力・学力を伸ばし、国内難関大学や海外大学への進学を目指します。また、海外在住の高校生が現地の高校に通いながら、日本の高校卒業資格を取得するプログラムもあります。

紹介ムービー

国際社会で通用する’”使える英語”を習得 クラークの国際教育詳細はこちらから 梅田インターナショナルコースの詳細はこちらから

所在地

お問い合わせ

クラーク高校ホームページ・トップページの「お問い合わせ」よりお願い致します。 [資料請求フォーム]

基本情報

北海道本校

  • 住所:〒078-0151 北海道深川市納内町3丁目2-40
  • 電話番号:0120-833-350 (8時半~17時)
  • ホームページ:http://www.clark.ed.jp/
クラーク記念国際高等学校
※各校舎情報は上記リンク一覧よりご参照ください。
早稲田アカデミー