季刊誌「プレジデントFamily」公認サイト:学校情報や進学情報を始め、教育や子育てに関するさまざまなコンテンツを配信中!

平成28年度 エコ×エネ体験ツアー、参加者募集!

平成28年度 エコ×エネ体験ツアー、参加者募集!!

ekoene3

電源開発株式会社(J-POWER)は社会貢献活動の一環として、エコ×エネ体験ツアーを開催しています。本ツアーは発電所と周囲の自然を舞台に、“見て×触れて×考えて×楽しめる”体験型エネルギー環境学習プログラムです。エネルギーと環境と私たちの暮らしがどのようにつながっているのか、共に学びあいましょう!

①夏休みは世界遺産へ!水の旅を辿って学ぶ御母衣編

ecoene1

【エコ×エネ体験ツアー水力編@御母衣小学生親子ツアーの概要】
日 程:

  • A日程:7月25日(月)~26日(火)
  • B日程: 7月27日(水)~28日(木)

場 所:御母衣発電所とその周辺(岐阜県大野郡白川村)
募集対象:小学生4~6年生、保護者1名計2名のペア
募集定員:各回16組32名
(応募多数の場合は抽選とさせていただきます。先着ではありません。)
参加費:無料!!(ただし、集合・解散場所までの交通費は各自で負担願います。)
集合等:JR木曽川駅(東海道本線)10時00分集合、16時30分解散予定
宿 泊:トヨタ白川郷自然學校

○参加された方の声

【御母衣編】

oyago
各々のプログラムはもちろん楽しませて頂きましたが、二日間を通してすべてがつながっているということが分かったことが、何より素晴らしいと感じました。感動の連続でした。(親御様)
ko
まとめのワークショップが楽しかったです。ドクターが面白くて、説明が苦手な私でもとても楽しく取り組めました。白衣の姿がかっこよかったです。(御子様)
oyago
当たり前のように蛇口をひねると水やお湯が出てくる生活に慣れきっているが、森やダムを体感して、自然の中で生かされていることを感じた。子どもも自然のダイナミックさ、人と自然のつながり、人の技術や智恵を感じてくれたと思う。(親御様)
ko
川遊びでのダム作りで、豆電球1個をつけるのにこんなに大変だとは思いませんでした。これからは電気を大切に使うように心がけます。(御子様)


②夏休みは身近な秘境へ!日本最大級の発電所を味わう奥只見編

ecoene1

【エコ×エネ体験ツアー水力編@奥只見小学生親子ツアーの概要】
日 程:

  • A日程:8月8日(月)~9日(火)
  • B日程:8月10日(水)~11日(木)

場 所:奥只見発電所とその周辺(新潟県魚沼市、福島県南会津郡檜枝岐村)
募集対象:小学生4~6年生、保護者1名計2名のペア
募集定員:各回16組32名
(応募多数の場合は抽選とさせていただきます。先着ではありません。)
参加費:無料!!(ただし、集合・解散場所までの交通費は各自で負担願います。)
集合等:JR浦佐駅(上越線、上越新幹線)11時20分集合、15時30分解散予定
宿 泊:奥只見観光㈱ネイチャーカレッジ緑の学園

○参加された方の声

【奥只見編】

ko
葉っぱを「取る」のではなく、「いただく」ということが印象に残りました。(御子様)
oyago
すべてのスタッフさんは子どもの心をつかまれるプロの方々で、楽しく遊びながら学ばせて頂いた2日間でした。子どもの目がずっとキラキラしていて、飽きたり退屈することは一分一秒もありませんでした。私も子どものために…と思って参加いたしましたが、エコとエネを改めて考えさせられる非常に有意義な体験でした。(親御様)
ko
ナイトハイクで野生の目が体験できて、本当は夜の暗い所もこんなに見えるんだ、と思いました。(御子様)
oyago
学校の参観等で子どもが意見や感想を発表する姿を目にすることはあっても、親子で且つ人前で自己紹介をしたり意見を発表することはほとんどないので、お互いに良い刺激となり良かったです。小学校高学年向けの、こうした夏休み期間のイベント(ツアー)は、子どもだけで参加するものが多い傾向があると思いますが、親子で学ぶということに大きな意義があるプログラムだと全体を通して感じました。(親御様)
ko
やっぱり、省エネや森へのありがとうの気持ちを持ちつづけたい。
(御子様)

お申込みについて

ecoene4

○お申込期間
5月9日(月)~6月17日(金)
○お申し込み・過去の実施状況はこちらから
http://www.jpower.co.jp/ecoene/index.html
○お問い合わせ先
J-POWER 電源開発株式会社jlogo
秘書広報部 広報室 小西 金平、青山 千穂

TEL:03-3546-2211
FAX:03-3546-9361
MAIL:メールでのお問い合わせはこちらから
早稲田アカデミー