季刊誌「プレジデントFamily」公認サイト:学校情報や進学情報を始め、教育や子育てに関するさまざまなコンテンツを配信中!

こどもメディアラボ特別企画!!
「こども×プログラミング」
トークイベント開催

こどもメディアラボ特別企画 「こども×プログラミング」トークイベントが開催されます。

プログラミング1毎回、様々な分野の第一線で活躍されているゲストの方をお招きし、対話を重ねながら、こどもとメディアの関係を総合的に考える大人の学び舎「こどもメディアラボ」。
毎月、恵比寿の「amu」にて開催されているたいへん注目されている企画です。
http://www.a-m-u.jp/event/series/cat121/

今回は、そんなこどもメディアラボの特別企画として「こども×プログラミング」をテーマに、子どもたちのプログラミング学習について考えるトークイベントが2回にわたり開催されます。


10/30(木)のゲストは、
CANVAS×Googleによるプログラミング学習普及プロジェクト「PEG」監修の
阿部和広さん。
11/7(金)のゲストは、
ビジュアルプログラミング言語「ビスケット」開発者の
原田康徳さんです。


近年、子どもたちのプログラミング学習は盛り上がりを見せています。
実は、「新学習指導要領」に基づいて、2012年から中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修になり、2013年6月に閣議決定された成長戦略「世界最高水準のIT社会の実現」においても、「義務教育段階からのプログラミング教育等のIT教育を推進する」と謳われています。

海外では、プログラミング学習が重要視されており、 エストニア、ニュージーランド、韓国、イスラエルの各国は 初等教育の段階からプログラミングを正式の教科として既に導入しています。
昨年12月にはアメリカ・オバマ大統領も「ビデオゲームを買い、アプリをダウン ロードし、遊ぶだけではなく、自分でつくってほしい。すべての人にプログラミングを学んでほしい」という映像を発信し、世界中で大きな反響を呼びました。  

プログラミング2こどもたちがプログラミングを使って、表現・創造する未来はすでにきています。プログラミング学習の普及に尽力されてきたお二人の方をゲストに、これまでの取り組みやプログラミング学習の意義や魅力についてお話しいただきながら、参加者のみなさんとディスカッションを行います。

こどもメディアラボ特別企画「こども×プログラミング」トークイベント

★2014年10月30日(木) 14:30~16:30(開場14:00)
ゲスト:阿部和広さん(青山学院大学・津田塾大学非常勤講師)
(参加費:2000円/税込・ワンドリンク付き)
★2014年11月7日(金) 19:00~21:00(開場18:30)
ゲスト:原田康徳さん(プログラミング言語ビスケット開発者)
(参加費:2000円/税込・ワンドリンク付き)

*詳細・お申込みはこちらから。

http://www.a-m-u.jp/event/2014/10/kodomo-programming.html

早稲田アカデミー